DMM mobileの評判がヤバい!安すぎると話題の格安SIMの実態とは?

DMM mobileの評判がヤバい!安すぎると話題の格安SIMの実態とは?

月額660円から始められる圧倒的安さが魅力!

 

DMM mobileの評判が凄いことになっています。2014年の12月からサービスの提供が始まり、当初はネットの口コミなどでどんどん広まっていき、今ではテレビのCMでもやっているので、「DMM mobile」を知らない人はいないかもしれません。

 

名前は知っているけどDMM mobileの何がいいの?と思っている人もいるかもしれません。そんな人の為に簡単に説明させて頂くと、どこよりも安くスマホを契約できるということです。

 

今はまだau・ドコモ・ソフトバンクなどの大手キャリアで携帯電話(スマホ)を契約している人が多いですが、「なんでこんなに高いんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

 

 

大手キャリアの携帯料金は高すぎる!

 

 

携帯を持つのが当たり前になっているので、毎月1万円近く支払っているのが普通になっている人が多いと思います。ですが、実際は多く払い過ぎているのが現状なんです!

 

今現在の大手キャリアの料金プランは、基本料金2,700円(かけ放題)と、データ通信料5,000円(5GB)に、スマホの端末代が含まれた分です。他にも安心パックなどの別途申し込みが必要なやつにも入ることになるので、結果的に1万円近く支払っていると思います。

 

もしかしたら1万円以上払っている人もいるかもしれません。ですが、これ、払い過ぎです。DMM mobileなら半額以下にすることができます。

 

DMM mobileは通話の基本料金がないので、必要なのはデータ通信料とスマホの端末代だけです。キャリアと同じ5GBのデータ通信料だとデータSIMプランが1,270円で、通話SIMプランが1,970円です。

 

データ通信料金は下記の通りです。

データ通信量 データSIMプラン 通話SIMプラン
1GB 660円 1,260円
2GB 770円 1,470円
3GB 850円 1,550円
5GB 1,270円 1,970円
7GB 1,880円 2,580円
8GB 2,140円 2,840円
10GB 2,250円 2,950円

※データSIMプランで電話は使えませんが、LINE通話は使えます。(SMS機能必須)

 

DMM mobileのデータ通信量は1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GBと、あなたのご利用状況に合った通信量を選ぶことができます。契約してからも途中で簡単に変更することができるのが魅力です。

 

DMM mobile

 

 

仕事等で電話を多く使う人は2台持ちがお勧め!

 

 

DMM mobileが安いのはあくまでデータ通信料です。ですので、通話をすれば20円/30秒かかりますので、仕事等で電話を長くする人は、注意が必要です。電話を多くする人は携帯2台持ちがお勧めです。

 

具体的には、1つ目の携帯で大手キャリアの通話のみの契約(2,700円)をして、2つ目の携帯(スマホ)でDMM mobileのデータ通信プランの契約をするのです。

 

データ通信のみだと1GB660円から申し込みが可能なので、今よりも格段に携帯代が安くなります。

 

 

管理人はDMM mobileにして半額以下になった

 

 

管理人は以前、スマホの料金を1万円近く払っていました。正直そんなに電話したりもしないしスマホ自体ちょくちょくアプリをするくらいでした。なので1万円も払っているのがものすごく勿体ない気がしていたんです。

 

そんな時にDMM mobileの存在を知って、すぐに申し込みをしました。下の画像は電話も使える通話SIMの3GBプランです。

 

DMM mobile

 

スマホの端末を超ハイスペックの「Ascend Mate7」にしたので、分割で月々2,241円かかっていますが、すべてを合わせてもたったの4,478円しかかかっていません。

 

これが安いと思うか高いと思うかはあなた次第ですが、今まで1万円近く払っていた管理人からするとかなり安くなりました。年間で換算すると約66,000円もお得ですからね。今まで毎月1万円も払っていたのがバカらしくなりました。

 

大手キャリアに特にこだわりがないのであれば、もうこれからはDMM mobileでいいと思います。できるだけ節約して、浮いたお金を別の物に使いましょう。

 

DMM mobileのネット申し込みはこちら