最近流行りの格安スマホって何?どうして安いの?

最近流行りの格安スマホって何?どうして安いの?

「格安スマホ」。ニュースでこの言葉を取り上げる機会が増えていますね。文字通り安くスマートフォンを持つことができて気になるけどちょっと仕組みがよくわからない…そんな方も多いはず。そこで、「格安スマホ」の仕組みやどうして安いのかを解説します。

 

日本国内ですぐスマホを持とうとしたときに、私たち消費者がどこの会社と契約するかというと主に、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなどの
大手電話会社です。こういった会社をMNO(移動体通信業者)と呼びます。

 

対して、「格安スマホ」サービスを提供している会社はMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれます。仮想、という言葉がついてますね。これは、自前では携帯電話ネットワークを持たずに、MNOからネットワークを卸してもらって、運用しているから仮想という言葉がついています。

 

要するに、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなどの大手電話会社であるMNOからアンテナを間借りして、スマートフォンのサービスを行っている会社がMVNOです。

 

このMVNOを選ぶメリットのふたつを紹介します。ひとつは、スマートフォンの月額料金が大幅に安くなることです。一番安いプランを契約すれば月1000円弱で持つことができます。後述しますが、別途スマートフォンの本体の料金がかかった場合でもMNOの電話料金よりも安くなります。

 

もうひとつは、契約するにはインターネットでの申し込みが中心なことです。例えば、「家の近くにある電話会社のショップで契約をしようとしたら必要のないオプションに加入させられてしまった」などの問題が起きにくいという意味でメリットになります。

 

逆にMVNOにするデメリットもふたつ挙げられます。ひとつは、スマートフォン本体を自分で用意する必要があること。しかしこれについては、サービスを提供する会社によってはスマートフォン本体をセットで提供しているところもありますのであまり気にしなくてもよいでしょう。

 

また現状は、大手電話会社に比べてサポートの環境が完璧ではありません。ですがまだ格安スマホ業界ができてまだ間もないので時期に大手電話会社並のサポートを受けられるようになるでしょう。

 

つまり「格安スマホ」は、航空業界でいうところのLCCに相当する存在です。自分に合うプランを見つけてお得にスマートフォンを使いたいですね。

 

DMM mobileの評判がヤバい!安すぎると話題の格安SIMの実態とは?

関連ページ

「中華スマホ」「格安スマホ」で検索をかけてみれば……
スマートフォンといえばそれなりのお値段がするもので、維持費もかかるというイメージを持っている人も多いでしょう。でも、もし安い端末があって、維持費もさほどかからないとしたら、購入や乗り換えに抵抗を感じる人も少なくなるのではないでしょうか。
高速での通信が可能な格安スマホ
格安スマホでは、高速での通信が恒常的に可能であるケースが大半を占めているのではないかと推測されています。通常のスマホと同様にして、高速でデータ通信ができることから、様々な目的に使用できるという認識が持たれているのではないかと思います。
UQモバイルの特徴について
安い月額料金でスマートフォンの運用ができるとして近年メディアで取り上げられることが多くなっているのが格安スマホと呼ばれるサービスとなります。
バッテリーの持ちが良くなる格安スマホ
格安スマホのバッテリーは、持ちが非常に良くなってきているのではないかと考えられています。スマホを日常的に使用する人々にとっては、このようなバッテリーの持ちの良さは大きなポイントのひとつとして取り上げられる傾向にあり、注目されているのではないかと思います。
コンテンツの充実する格安スマホ
格安スマホな搭載されているコンテンツは、充実してきているのではないかと考えられています。そのため、実際に格安スマホを利用している人々にとっては利便性の高いものとして認識される要因のひとつとなっており、注目を集めているのではないかと思います。