格安スマホは下調べが命

格安スマホは下調べが命

格安スマホを知ったのは、自分のスマホが壊れたのがきっかけだった。直すか買い換えるかで、どっちにしろ数万かかることに悩みもっと安いスマホはないのか?と考えていた頃、格安シムを使い二台持ちしている友人を思い出した。

 

そこで、どんなものがあるのか、初めて買うならどんな機種を選べばいいのか助言をもらった。

 

ただ、助言をもらうにしても何もわかっていない状態だとお話にならないと思い、まずは知っている格安シムの社名を検索してみた。

 

まず、シムカードってなんだ?って状態だったが、シムカードとは、携帯会社との契約情報が入った個人情報カードであることを初めて知った。なので、そのシムカードが入っていないとどこの携帯会社とも契約していない状態なのでネットや電話が使えない。使えるのは、フリーのwifiと自宅の登録したwifiだということ。

 

そしてわかったことは、シムフリー端末(スマホ)とセットで売っているものと、中のデータカードのシムカードのみ販売している物の二種類あること。

 

それと、今使っているスマホでも対応していれば、シムカードを差し替えるだけで使えるということ。
さらに、格安シムにはドコモ系とau系の二種類あり、対応している端末(スマホ)も違うということ。
シムロック(他社が使えないように設定されている)解除もショップでやってもらえることも知った。

 

で、自分の使っているスマホは…ソフトバンク系。どこにも対応してなかった。
(しかたないので修理して使っている)

 

先月から発売されている新機種はシムロック解除されているらしいが、どういう状態なのかわからない。自分のスマホと関係ないと、どうも調べるのが億劫になる。ショップに行って聞いてくればいいのだが、食いつかれて機種変を進められるのが嫌なのだ。

 

押せば何とかなると思われているのか、毎回携帯買い換えるときはごり押しされて嫌になる。だから出来るだけショップとか行きたくないのだ。
その点、格安シムはそのショップがないし、量販店に無造作に売られているだけだから、ごり押しされることもなくて安心して買える。ただ、詳しいことはショップ店員に聞けばいいやってことが出来ないので、十分な下調べが必要。

 

特に、私のように調べた結果、今まで使っていたスマホをそのまま流用できない場合もあるので要注意。

 

DMM mobileの評判がヤバい!安すぎると話題の格安SIMの実態とは?